CSRの取り組み Approach of CSR

ファルコグループの環境ダイジェスト

医療廃棄物トレーサビリティ管理システム

分析を終え不要になった検査器具や検体が、法律に沿って適切に処分されているかをリアルタイムで監視するICタグを使ったトレーサビリティ管理システムを導入しています。

専用ダストボックスにはRFID(電子タグ)を貼付し、ダストボックスのリアルタイムな位置情報を監視して、廃棄物が正規の手続きで処理されているかをリアルタイムで確認しています。

システム概要

不法投棄などがおこらないよう、総合研究所・東海中央研究所・岡山研究所・熊本研究所・沖縄研究所も順次「医療廃棄物トレーサビリティ管理システム」の導入を進めています。